【楽天ラクマ】出品の仕方と注意点や売れるコツ

ラクマ

メルカリは馴染みがあると思いますが楽天が行っているフリマアプリ「ラクマ」をご存知でしょうか。

メルカリと同じように出品や商品を買う事ができます。
出品者とやりとりを行う事ができるので、値下げ交渉なども行えます。

今回はラクマで出品する方法や出品時の注意点、売り方のコツなどを紹介していきます。

出品方法

ラクマ

出品する方法はアプリ下の中央のカメラボタンをタップし、出品したい商品の画像を載せます。プラスボタンから商品の画像を撮影する事ができます。

商品にバーコードがある場合「バーコードを読み取る」をタップし、商品のバーコードをカメラで写します。

そうすると、自動で商品名、商品説明を埋めてくれます。商品説明を埋めてくれるのですが、商品の状態などは自分て記述する必要があります。

その後、商品情報として「商品の状態」を選びます。1度でも使用している場合は「新品・未使用」はトラブルの元になりますのでしないことをオススメします。

配送について、送料は自己負担の方が売れやすいです。送料込みの値段を定時するなどしましょう。

発送方法は、コンビニからも発送できる「かんたんラクマパック(日本郵便)」もしくは「かんたんラクマパック(ヤマト運送)」を選ぶことをオススメします。発送に手間がかからず簡単です。
発送する封筒や箱に手書きで文字を書く手間が省けたりと簡単に発送する事ができます。

発送日の目安と発送元地域も設定しましょう。

購入申請は特に理由がなければ「なし」にしましょう。
「あり」だと購入者が商品を購入するとき出品者に購入していいか許可を取る必要があり少し手間です。

価格設定は設定金額に6%+税の販売手数料がかかります。
1000円の商品を売ったとき66円の販売手数料がかかります。

「確認する」ボタンをタップし、完了です。

 

出品時の注意

出品をするときにできるだけ購入者とのやりとりを少なくするため、商品説明に下記のことを記入すると良いでしょう。

  • 値下げ交渉不可
  • 発送後の返品不可
  • 傷の状態を細かく提示

などを記載すると良いでしょう。

1度でも使用したもの、封を開けてしまったものを、「新品・未使用」として売るのは良くないでしょう。トラブルの元となります。

売れるコツ

以下のことを気を付けて行うと良いでしょう。

写真の見せ方

購入者にどんな状態なのかを明確に伝える必要があります。商品はできるだけ良く見せるのですが、傷や汚れの部分をしっかり提示することも忘れないようにしましょう。

写真を取る際は照明に気を付け、光が足りない時は鏡などで光を集める工夫なども大切です。
また、大きさがわかるようにスマートフォンや手などを横に置くのも良いと思います。
洋服などはサイズの入ったタグなど写すのも良いです。

 

手入れ

靴などは多少の汚れは落としてから出品、写真取りするようにしましょう。
自分でも汚れは落とせるので落としましょう。汚れを落とすことでプラス1000円くらい高く料金設定できることもあります。

1時間以内に汚れが落とせれば時給1000円だと思ってください。

ハッシュタグ

商品説明蘭にハッシュタグを付けることをオススメします。検索に引っ掛かりやすくなったり、関連商品に出やすくなるなどのメリットがあります。

より多くの人に目についた方が良いのはわかると思うので、できるだけ商品説明蘭にはハッシュタグを付けえるようにしましょう。

商品の更新

商品を出品してそれなりに時間が経つと検索したときの商品が下の方にいき購入者の目に止まらなくなります。
一定期間が過ぎたら出品した商品を1度消しさ、再度出品することで新着出品となり、検索でも上の方に出てきやすくなります。

商品の更新は定期的に行ましょう。ま、値段調整なども一緒に行うと良いでしょう。

 

 

以上でラクマの出品時のことに記述しました。
しっかりとした売買をすることで、出品者の評価も上がりそれが信用となってくるので、商品にコメントが来た時はできるだけ早く丁寧に対応しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました