【GoProデメリット】GoProを3年使用して感じたデメリット3選

GoProデメリット3選

3年以上前からGoProを旅行やスポーツの際に持ち歩いているのですが、良い面もあれば悪い面もありました。

デメリットを上回るほどのメリットもあるので、結果GoProを買って良かったとは思っています。

GoProはレンタルもできるのでそちらの記事は↓からご覧ください。

GoProを3年間使用してみてのデメリット

GoPro写真

GoProを3年以上使用してみて感じたデメリットはいくつかあります。

デメリット以上にメリットはあるのですが、今回はデメリットについて紹介していきます。

GoProのデメリット
  • バッテリー持ちが悪い
  • 純正のアクセサリーが高い
  • 起動や電源を消す時が遅い

バッテリー持ちが悪い

1日中撮影しようと思うとこまめにGoProの電源を消して省エネしながらではないと1日充電が持ちません。長い時間カメラを回しているとすぐに充電がなくなります。

1時間くらい連続で動画撮影していると充電がなくなってしまい、さらに気温が高かったり、日差しが強かったりするともっと早く充電がなくなります。

予備のバッテリーを持つ事で改善されますが、バッテリーを持ち歩くのは少し手間です。

純正のアクセサリーが高い

GoPro本体が5万円前後の値段がします。

そこから、予備のバッテリーや、持ち歩く用に3Wayセルカ棒、モジュラーなど純正のアクセサリーを購入するとかなり高くなってしまいます。

必要なアクセサリーだけ集めるのも一苦労です。

純正以外で揃えることもできるので予算と相談して適切なものを選びましょう。

ちなみに、GoProのサブスクリプションに加入することで公式サイトから30%オフで購入する事ができます。

起動や電源を消す時が遅い

GoProは起動するのに3秒、電源を消すのにボタンを3秒くらい長押ししないといけないのです。

これがなかなかストレスになり、電源が消えたと思ってボタンから指を離すと、まだ電源が消えていなかったり、撮影したいと思った時に起動しても3秒くらいかかったりと、少しのタイムロスがあります。

電源が落ちている状態から、撮影ボタンを押すと起動と同時に撮影をスタートしてくれるのですが、それも、2,3秒かかります。

常にGoProの電源をつけていればいいのですがそうすると充電の減りが早くなってしまいます。

デメリットを上回るメリット

GoPro写真 湖畔公園

これまで、デメリットについて紹介してきましたが、デメリットを上回るほどメリットもたくさんあります。

GoProのメリット
  • 広角で綺麗な映像
  • 小型で軽量
  • 防水、防塵で頑丈
  • アクティブなスポーツ中にも撮影が可能

これら以外にもメリットはたくさんあるでしょう。

まとめ

今回はGoProのデメリットについて紹介してきましたが、何度も言うようにデメリット以上のメリットがGoProには詰まっています。

iPhoneでは撮る事ができない映像や場所で撮影することが可能です。

アクティブなスポーツには最適のカメラになっています。

購入を検討している方は↓の記事も見ると参考になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました