【GoPro MAX】GoPro MAXのメリットとデメリット比較

GoPro MAXメリット デメリット

GoPro MAXはGoPro HEROシリーズの機能も備わった360度カメラで360度カメラではかなりメジャーな商品です。

GoPro MAXにはたくさんの機能がありメリットに感じる所も多いです。しかし、360度カメラ特有のデメリットであったり、GoPro MAXのデメリットもあります。

360度カメラで手振れなしのスムーズ映像が撮れるGoPro MAXを買う前に知っておきたいことを紹介します。

GoPro MAXのメリット

GoPro MAXを買うメリットについて、機能面や他社の360度カメラとの比較を紹介します。

一台で3つ以上の役割がある

GoPro MAX 3役

3つの特徴
  • 360度撮影
  • HEROモードでGoProとして使える
  • Vlog

1番の特徴は360度撮影する事が可能ということです。
360度撮影しながら、手振れや振動を抑えられます。

GoProでは撮影することのできない映像を撮る事ができます。

YouTubeやTikTokなどでも360度動画は珍しく、インスタでは映える動画が撮影できます。

https://gopro-hero-new.com/gopro-max-360c/

2つ目の役割として、HEROモードです。

前モデルGoPro Fusionではなかった、HEROモードが搭載されました。。

HEROモードとは、2つあるレンズの片方で写真や動画を撮るモードになります。

この機能を使えば、GoPro HEROシリーズのような強力な手振れ補正を使い撮影ができます。画質はGoPro HERO9 Blackに比べると落ちてしまいますが、より広い画角での撮影ができ、
Max HyperSmoothも搭載されているので、手振れ補正はしっかりしています。

vlogを撮る人はディスプレイを確認しながら使ったり、指向性オーディオでしっかりと自分の音を記録してくれます。

3つ目の役割としては、Vlogとして使う役割です。

ディスプレイがあるので自分を確認しながら撮影することもできます。

YouTube撮影もできてしまうくらい音声が向上し、ライブストリーミングもできます。
タッチディスプレイがあるので、撮影時や設定時の操作性も向上しました。

スマートフォンで手軽にリフレーム(編集)できる

リフレーミングとは、360度で撮影した映像を通常のビデオに編集することです。
リフレーミングの際、画角を好きな方に調整できるので正面、背後、上に画角を向け編集したものを1つの映像にまとめます。

前モデルGoPro Fusionでも、スマートフォンで編集できたのですが、操作性や動作が重かったりと使い勝手が悪く初心者には難しい作業でした。
今回のGoPro MAXでは、リフレーミングが手軽にできるようにアプリが改善され、初心者の方でも撮影したその日に動画をSNSなどにアップできるようになります。

 

他社の360度カメラとの違い

insta360

1番の違いは、GoProはアクセサリーが充実しているので色々なシーンで活用できます。
GoPro HEROシリーズのアクセサリーも使えるものがたくさんあります。

MAX HyperSmooth機能があり、手ブレ補正が他社の360度カメラすごいです。

MAX TimeWarp機能もあるので、タイムラプス撮影も可能です。

360度カメラ単体でディスプレイが見やすいのはGoPro MAXです。
アクセサリーを付けないで防水で耐久性に優れています。

GoPro MAXのデメリット

メリットがあればもちろんデメリットもあります。
前モデルGoPro Fusionとの比較や使い方のデメリットを紹介します。

前モデルGoPro Fusionより劣っている部分

基本的には前モデルから進化しているのですが、360度撮影の静止画だとFusionの方が若干解像度が良いです。気にならないレベルですが・・・

ビデオの解像度はGoPro MAXの方が良いです。

SDカードが2枚から1枚に変わったことで書き出しなどに時間がかかってくるかも知れません。

前モデルGoPro Fusionとの比較はこちらからどうぞ。

映像に多少のノイズが入る

プロモーションビデオを見る限り少し映像が荒い部分があるように見受けられます。
流石にGoPro Hero9のような高画質ではないようです。
映像を停止して端っこの細かい部分を見ると若干わかるくらいなので特に気にする程度ではありません。

水中では使いずらい

GoPro MAX 水中

標準で防水機能が付いており、水深5mまで大丈夫です。
ですが、水中の中だと屈折率が変わってくるので、映像と映像のつなぎ目の部分が綺麗に撮れない場合があります。

プールや海の中だと使いずらいのですが、水辺やプールサイドならしっかりと防水が生きてきます。

まとめ

デメリットも多少ありますが、メリットの部分の方が大きいです。

360度カメラとして性能は十分持っているので360度撮影をしてみたい方は是非購入してみてください。

GoPro MAX
GoPro(ゴープロ)
¥67,100(2021/03/24 14:11時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました